HOME » 健康保険の手引き » 医療費について / 医療費控除

医療費について

医療費控除

1世帯で1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費が高額になった場合、確定申告をすると税金の還付が受けられる場合があります。申告対象の年に実際に支払った医療費であることが必要で、 未払いの医療費は対象になりません。
なお、確定申告の期間は翌年の2月中旬 から3月中旬ですが、「医療費控除」のみなら通年で申告できます。詳しくはお近くの税務署にてご確認ください。

対象となる金額の計算方法

「年内に実際に支払った医療費の合計額」-「保険金等で補てんされる 金額(健康保険等で支給される療養費・出産育児一時金等や生命保険契約等で支給される入院費給付金等)」-「10万円またはその年の所得金額の合計額が200万円未満の人は所得合計金額の5%の金額」となり、限度額は200万円です。ただし、この式で計算した金額(控除額)がそのまま戻ってくるわけではありません。

< < 以下のものは医療費控除には含まれません> >

  • 容姿を美化する為に行った美容整形の手術
  • 健康診断の費用
  • 自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場代 etc...

ただし、歯科矯正などは医師の診断書を添付すれば対象となる場合もあります。また通院のためにかかった公共交通機関の運賃や、やむを得ず使用したタクシー代(領収書が必要)などの交通費も、明細書に記載することにより対象となります。

全日本理美容健康保険組合

こんなときは

TOPへ戻る